子宮頸がんで子宮を全摘出して放射線治療を、 2年前には乳癌を

akiyamaharikyu

    雪景色の隣家
SAVE0036.jpg スキャンパーとミスター  
     暖炉の側で


秋山先生いつもありがとうございます。

先生に母の遠隔治療で治してもらっています。

母は4年前に子宮頸がんで子宮を全摘出して放射線治療を、
2年前には乳癌をどちらも転移はしていなかったんですが、
少し前に子宮に疑陽性がでて再発と病院から言われ

抗がん剤を二泊三日で三週間あけて6回治療することになりました。
1回目はそこまで体に負担がかからなかったのですが、

2回目の抗がん剤のときには、体中がちくちく痛くて寝込みがちになりました。

私はそんな母をどうにか治してあげたくなり、たまたま開いたブログで
秋山先生のことを知りました。

早速電話で治療のお願いをしました。始めは遠隔治療のことは母には内緒でした。

ところが、母の抗がん剤3回目の治療のあと母から、
3回目が一番身体が軽いと言われ秋山先生のことを話しました。

母は喜んで
いつも遠隔治療の時間になると、布団で寝て待ってるようになりました。

治療中、先生が治してる場所、右胸の手術した場所から
オレンジの球が飛び出したりしたそうです。

何より嬉しいのは、途中検診で、疑陽性から陰性に変わりました。

これは、秋山先生が治療してくださった結果です。

ホントにありがとうございました。これからも治療、スクール、よろしくお願いします。
Posted byakiyamaharikyu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply